COLUMN

春は油断禁物

#Beauty
#Skin care
#ライフスタイル

春の日差しが心地よい毎日が続きますが、
春を楽しまれていますでしょうか?
日が落ちる時間が遅くなってきたので、いつも降りる駅の1つ手前で降り、散歩しながら帰るという方もいらっしゃるのではないでしょうか。春は新しい出会いがあったり、お出かけが増えたりと、わくわくする季節。
しかし、実は肌トラブルが増えやすい季節でもあり、油断禁物なのはご存知でしたか?
どんなことに気をつけないといけないのでしょうか。

①紫外線量
3月頃から紫外線の量が急激に増えます。
紫外線は、メラニンを増やしてシミの原因をつくり、ハリ・弾力のもととなる細胞を破壊するので、しっかりと紫外線対策をしましょう。
紫外線対策として日やけ止めを塗るのも大事ですが、スキンケアで化粧水をたっぷりつけて、クリームなどでの保湿もしっかりしましょう。
②花粉の飛散量の増加
花粉によりくしゃみや目のかゆみなどのアレルギー反応を起こすことがありますが、肌に花粉が付着すると、かゆみ・乾燥などのトラブルも引き起こしてしまします。
無防備に出ている肌に花粉が付着しないように、フェイスパウダーなどをしっかりつけて、肌をサラサラの状態にしましょう。
③春は強風が吹く
春が近づくと暖かい空気が南から日本列島に入り、北の冷たい空気と激しく衝突します。
気温差が大きくなると低気圧が発達し、強風を吹かせます。
また、気温差と空気も乾燥するので肌にとっても過酷な状況になります。
風が吹くと花粉や砂埃も肌につきやすくなりますし、空気の乾燥で保湿がされていないと、肌のバリア機能が崩れてしまい、肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。
敏感になっている肌には、泡でやさしく包み込むように洗顔をします。
また、温度が高めのお湯は洗い上がり乾燥してしまいますので、水かぬるま湯で洗い流しましょう。
クレンジング→洗顔のあとは、ローション→エッセンス→ミルク→クリームと保湿をしっかりとしましょう。
肌トラブルを防ぎ、楽しい春を過ごしましょう。

PAGE TOP